スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう。とん。

丁度先日アップした記事を書き終えて、

まさに『記事を保存』をクリックしたとき、

二階から寝れなくて起きていたなぎさに呼ばれた。




2011/1/28 PM11:40 
とんが母の腕に抱かれて虹の橋を渡りました。

享年19歳

春生まれとみられるとんは、
20歳を待たずに旅立ってしまいました。


人間年齢推定95歳


動物にすればほんとに大往生です。



最後は三度嗚咽があり、

三回目の嗚咽の後、息を引き取ったそうです。



その時の苦しそうな声が耳に着いて離れませんが、
最後のとんの声、忘れないでいようと思います。



img030.jpg



写真の日付は1992/5/29
この時の大きさから言えば2カ月になるかならないか・・・かな?



img031.jpg




抱っこしてるのは、当時16歳になったばかりのわたしです。

あまりのムチムチぶりにもちろんモザイクですが・・・



こんなに小さくて弱弱しかったとんが、

丸19年も生きようとはこの時思いもよらなかったです。



前にも言ったやろうか・・・


高校の通学路の溝に落ちていたとんを、

クラスメイトが教室に持ち込んだ。



先生からはもちろん学校では飼えないからどうにかしなさい。という指令・・・




友達が「うちに連れて帰ったら飼えるかも・・・」と連れて帰るももちろんNO!



そのたんびに電車、バスに揺られてだいぶと弱ってきたとんを、

見かねて三人目の私が連れて帰る。



バスはまぁいけても問題は電車。

座ったおしりの後ろに隠しながら連れて帰り、

家に着けば当然母に「戻して来なさい!!!!」


弱ってるから1週間だけおいて。と懇願した。



当時ほんっとに猫嫌いで犬派な母。

私が学校に行ってる間にたんぼに捨てに行ったそう・・・。



稲を作る前のうねの段階のたんぼを、

泣きながら必死で追っかけうねを登る姿に、

さすがの母も折れたよう・・・。



その後のうちの約20年事情を知るトンでした・・・。





一晩一緒に寝たい。と母のそばで眠るとんでしたが、

二晩は?

やはり長くいると余計に辛い。と母。



とのことで、

今日、動物霊園の火葬をお願いし、連れて行きました。

とんこ。という名前は私の通っていた高校が富田林(とんだばやし)高校という名前だったから。

と母が安易に名付けた名前。



ほんとの生まれは大阪で唯一の村 千早赤阪村で拾われたから・・・

と、千早にある霊園にお願いしました。



今のところ、

まだ実感はないです。

たぶん、時間が経つほどに寂しさが募ると思います。



心配してメールをくれたお友達や、

わざわざおうちまで来てくれたかほパパさんとらぶかほちゃん。

お花をくれたぷっちママ。


ほんとにありがとうございました。




最後はみなに囲まれて、

眠りにつけたと思います。



母も耳元で伝えていましたが、

とん、ほんまにありがとう。



ゆっくり眠ってね。


IMG_5103.jpg



覚悟していたとはいえ、
やはり辛いものがあります。

復活までしばらくかかるかも・・・です。



IMG_4459.jpg





IMG_4474.jpg
スポンサーサイト
時すでに遅しでしたが
とんちゃんは家族に見守られ
逝ったことは幸せだったんじゃなかったなのかな?

猫って普通、人知れず逝ってしまいますからね。

とんのご冥福をお祈りします。



それにしても、懐かしい制服です。
おかあさまの腕に抱かれて虹の橋を渡れた事、
とんちゃんもとっても幸せだったんじゃないかなと思います。
ロミママ家に縁があって来て20年弱、
素敵なお家にもらわれて本当に幸せな毎日だったでしょうね。。。
そして娘ちゃん3人とロミちゃん、そして妹にゃんこちゃんに囲まれ賑やかな日々・・・

今はとっても辛いでしょうが・・・

とんちゃんのご冥福をお祈りします。
とんちゃんお疲れさまでした。。。
ゆっくり休んでね
あの時は間に合いませんでした。
最後、トンちゃんにあいたかったです
泊まらせていただいた時はとても元気だったのに
でも最後、見れてよかったですね
トンちゃんは幸せだと思います
トンちゃんゆっくり休んでね
ロミママが高校生のころからの20年近くのお付き合い。
気持ちの整理が落ちつくのには時間がかかるね。

お母さんの腕の中での大往生。
幸せな猫生だったと思うよ。
ロミママも最後一緒に見送れたしね。

ご冥福お祈りします。
わざわざ来てくれてありがとう!!
思いのほか早く旅立ってしまって、
心の整理がついてなかったから、
ちょっと後からじわじわ寂しさが来てます。

ほんとにありがとう。


あ、生制服姿写真、是非見てみて~
ドン引きすると思うけど・・・(笑)
懐かしいでしょ~ww
ほんとに虫が知らせるってあるんだな~って思いました。
母が見たというとんの夢は
「帰りたい。」やったそうで、
やはり長年育った家の方が良かったんかな~って・・・。
犬は人について、猫は家につくって言われてるそうですが、
まさにその通りえしょうか・・・
最後に実家に連れていけなかったのが後悔しています。

子どものように思い、接してくれた母の腕の中で逝けた事が最後の救いです。
コメントありがとうございます。
ほんとパパ共々来てくれてありがとうね~
来てくれて嬉しかったよww

そっか~かほちゃんはとんと一緒に寝たんだったね~
人懐っこくて、自分を猫と思って無いとんやったけど、みんないろんなものをとんから貰いました。
とんは居なくなったけど、
ゆめちゃんも、ロミもいてるからまた遊びに来てね~ww
コメントありがとう~♪
いつかこういう時が来るのは分ってるけど、
空気のような存在のとんが居なくなったことは、
後からじわじわ寂しくなってて、
特に寝るときに私の髪の毛の中にもそもそ入ってきて、
お母さんのお乳を探してるかのように前足で耳元をふみふみするのね。
いつもは「もう眠たいのに止めて~><」
なんて言ってたのに、
昨日はそのとんが居なくなってなかなか寝付けなかった。
あの冷たい鼻をうなじにぐいぐい押しつけてくるとんが居なくて段々実感が湧いてきたかな~

コメントありがとう!!
ゆめちゃんもいてるからまた遊びにきてね~ww
あ、もちろんロミも・・・(笑)
心よりご冥福をお祈り申しあげます。
見守られて逝かれたこと、きっと、幸せだったと思います。。。
お別れは何度経験しても辛いものですね・・・
とんちゃんのご冥福をお祈りいたします。
ほんとに母の腕に抱かれて逝けたことは
とんにとってとっても幸せだったと思います。
日に日に寂しさは募りますが、
とんの分も命一杯頑張っていこうと思います。
コメントありがとうございました。
時間がたつほどに寂しいですが、
ゆめちゃんもロミも子どもたちみんなの為にも、
明るく元気な母で居ないといけませんね。
コメントありがとうございました。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://kurolabromi.blog114.fc2.com/tb.php/547-f0fabdb3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。